浸水ナビ  > よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)

Q 質問1

地点指定をしても、以下のメッセージが表示されますがどういうことでしょうか。

メッセージが表示されるイメージ

A 回答1

洪水浸水想定区域図の公表の対象となる河川は、水防法に基づく洪水予報河川または水位周知河川です。このWebサイトでの洪水浸水想定区域の掲載状況は、以下の一覧のとおりです。

洪水浸水想定区域(想定最大規模)掲載状況一覧(PDF)

洪水浸水想定区域(計画規模)掲載状況一覧(PDF)

このWebサイトに洪水浸水想定区域がまだ掲載されていない河川でも、洪水浸水想定区域図が公表されている場合があります(洪水浸水想定区域の指定・公表状況はこちら)。洪水浸水想定区域図はハザードマップポータルサイト等で閲覧できますので、ぜひご覧ください。


Q 質問2

想定破堤点を選択すると、想定破提点の対岸や上流の離れた場所で浸水しているのですが、どうしてでしょうか。

地点指定すると、離れた想定破堤点や対岸の想定破堤点も表示される。

A 回答2

河川によっては、破堤(堤防の決壊)による浸水だけでなく、溢水(堤防のない区間で水があふれること)や越水(堤防のある区間で水があふれること)による浸水を想定しています。このような場合、破堤による浸水想定区域に溢水や越水による洪水浸水想定区域が加わっているため、想定破提点の対岸や上流の離れた場所も浸水が想定される区域として表示されることがあります。


Q 質問3

詳しく見ようと地図を拡大していったら、あるところから拡大できなくなりました。

A 回答3

このWebサイトでは、一定以上(左下のスケール表示で50m以上)、拡大することはできません。


Q 質問4

洪水浸水想定区域図はどのように作成しているのでしょうか。

A 回答4

以下のような手順で洪水浸水想定区域図を作成しています。詳しくは、洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版)(平成27年7月)をご確認下さい。

洪水浸水想定区域図の作成手順


Q 質問5

堤防はどのくらいの水位に達すると決壊するという想定でしょうか。

A 回答5

氾濫開始水位は、原則、計画高水位としています。詳しくは、洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版)(平成27年7月)をご確認下さい。


Q 質問6

氾濫想定地点(想定破堤点)はどのように決めているのでしょうか。

A 回答6

洪水浸水想定区域図の作成にあたっては、浸水域の最大浸水深を捉える必要があり、対象洪水流量が氾濫開始流量に達したすべての地点で氾濫させた場合と同等の浸水域となる必要最小限の地点を氾濫想定地点として設定します。なお、河道内流量が氾濫開始流量に満たない場合は、氾濫しないものとしています。詳しくは、洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版)(平成27年7月)をご確認下さい。


Q 質問7

凡例の浸水ランクとその色は何を基に決めたのでしょうか。

A 回答7

水害ハザードマップ作成の手引き(平成28年4月)に基づいて浸水ランクの配色を行っています。浸水深等の閾値は、一般的な家屋の2階が水没する5m、2階床下に相当する3m、1階床高に相当する0.5mに加え、これを上回る浸水深・津波基準水位を表現するため、10m、20mを用いています。また、配色については、ISO等の基準や色覚障がいのある人への配慮、他の防災情報の危険度表示との整合性も含めて検討し、以下の配色としています。

浸水ランクの色


Q 質問8

計画規模を選択した場合に、動画が途中で終わってしまうのですがどういうことでしょうか。

A 回答8

計画規模における洪水浸水想定区域は、氾濫する区域における浸水する区域や浸水する深さが最大となるまでの計算を行っておりますので、排水が完了する時間まで表示されない場合があります。


Q 質問9

想定する大雨の規模に基準はありますか。

A 回答9

「想定最大規模」の降雨規模は1000年に1 回程度を想定しています。1000 年毎に1回発生する周期的な降雨ではなく、1年の間に発生する確率が 1/1000(0.1%)以下の降雨です。毎年の発生確率は小さいですが、規模の大きな降雨であることを示しています。 「計画規模」の降雨規模は10~100年に1回程度を想定しています。
詳しくは以下のページをご覧ください。

浸水想定(洪水、内水)の作成等のための想定最大外力の設定手法

洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版)


Q 質問10

「浸水の深さ」は、「海水面」と「地盤高」のどちらからの深さでしょうか。

A 回答10

予想される浸水深は、各地点のおおよその地面の高さ(地盤高)からの浸水の深さを表しています。
地盤高の調査方法に関しましては、以下をご覧ください。

2.2. 対象とする浸水範囲における地盤高等の調査(洪水浸水想定区域作成マニュアル)

(参考)地盤高の基準については、東京湾平均海面(T.P.)を基準にしております。
国土地理院HP(高さの基準)


Q 質問11

浸水ナビの画面を印刷したい

A 回答11

浸水ナビ画面右上の「機能」>「印刷」より、表示している画面を印刷いただけます。


Q 質問12

自宅と隣接した場所において、敷地の地盤高に差がないように感じるのに、浸水深が自宅と数メートル異なるのは、なぜでしょうか?

A 回答11

浸水ナビで地図上に表現される浸水シミュレーション結果は、計算の基となる土地の地盤高(標高)と、氾濫解析そのもの、それぞれに誤差が含まれているものです。誤差が累積しますと、検索する地点によっては、隣接地間で2m以上の比較的大きな浸水深の差として表示される場合がございます。
 浸水ナビは、市区町村が提供するハザードマップとともに、周辺の浸水過程を面的に把握しやすくすることを目的としたツールです。日頃からの防災・避難計画の情報の1つとしてご活用ください。
 (なお、浸水シミュレーション結果のデータの詳細につきましては、各河川管理者へお問合せください。)



<システムの機能・動作等に関するお問い合わせ窓口>
国土交通省 国土地理院 応用地理部
お問い合わせは「お問い合わせフォーム」からお願いします。